SIBLEY

CanvasCamp SIBLEY&Classic shelter Square 5×5m

前回に続きオートキャンプしろいだいらへ行ってきたkotaroオジさん

今回はニューアイテムを携えて出撃の巻き

先日アップした写真はこちら
image
image
なんだかわからない写真でしたが、正体はこれ

CanvasCampのコットンタープClassic shelter Square サイズは5×5mです
CanvasCamp キャンバスキャンプ ナチュラルコットンタープ Classic shelter Rectangular 4×6m クラシックシェルターレクタンギュラー4×6m 【TENTARP】【TARP】
CanvasCamp キャンバスキャンプ ナチュラルコットンタープ Classic shelter Rectangular 4×6m クラシックシェルターレクタンギュラー4×6m 【TENTARP】【TARP】
IMGP2457
IMGP2460
テントはCanvasCampのベルテントSIBLEY500 ×2
右側がkotaroオジさんのULTIMATE PRO (PROTECH)
左側がYouちゃんのDiamond Fire
タープの色はkotaroオジさんのULTIMATE PROと同色でした(*^^)v
2つのSIBLEYを5×5メートルのスクエアタープで繋いだらバッチリ快適空間が完成(*^^)v
使用しているポールは『テンマクデザイン デュラスティック130-280 [その他]
31ed-G7EGNL
5段伸縮タイプでMAX280センチになります。太くて丈夫なのでタープのメインポールに使用しても
十分な強度があると思います。アルミ製で軽いのも嬉しいですよ(^^♪

5×5mのスクエアタープの下はさすが広々空間ができますね
余裕のLDKです♪
image
IMGP2463
IMGP2467
今回の晩御飯は串揚げ
IMGP2478
image

料理担当のkotaroオジさんに、Youちゃんからプレゼントをいただきました(^^♪
IMGP2452
これからキャンプのときにはプレートを出せと・・・(^_^;)
次はメニューを書く黒板をお願いしますね(笑




ちなみに今回のキャンプは初日は大雨でした
image
まぁ、最強雨女Sりんも一緒だったから覚悟はしてましたよ(笑

そうそう、山中湖畔を走ってたら山中湖のカバが出現!!
といっても動物のカバではないですよ(^_^;)
水陸両用バスのKABA 初めて見ました。
image








Youちゃん・・・
IMGP2465
寒いなら靴下履いたほうがいいと思うんだけど・・・(笑

CANVASCAMP SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)注文から到着までの記録

CANVASCAMP SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
注文から到着までの記録
image


購入先 ジャパンキャンバスキャンプ
    https://japan.canvascamp.com/
※villge.incという会社が日本の代理店をしてるうです。
このサイトと同じ会社です http://villageplus.jp/
また、物販だけでなくイベント企画やグランピングキャンプ場も運営してるみたいですね
http://villageinc.jp/aqua

12月11日(日)  
上記webサイトより注文

12月13日(火)  
商品発送の旨メールあり トラッキングナンバーも通知がきました

12月14日(水)  
ベルギーを出発

12月16日(木)
日本に到着→通関 
village.incよりインナーテントが航空便の都合で配達が遅れる旨連絡あり
シブレー本体は予定通り16日配達とのこと
                    
16日は仕事で家を不在にしているため、営業所受け取りができないかUPSに電話をして確認しましたところ、配達委託業者がヤマト運輸になる為、ヤマト運輸と相談してほしいとのことでヤマト運輸のトラッキングナンバーをメールでもらう。

12月16日(金)
UPSから配達委託業者(ヤマト運輸)へ引き渡し
ヤマトへ連絡し、営業所受け取りに変更

営業所でシブレー受け取り 関税などで5,500円支払い
※webサイトでは約8%がかかると書いてありましたが、その約半額の5,500円でした

12月19日
villege.incよりインナーテントが明日までには配達になるとの連絡あり。その際にインナーテント分の関税もあるとのこと。
帰宅すると不在通知が入っていた。再配達を依頼しインナーテントを受け取る。関税の請求はなかった。


village.incはテントなど大きなものについては、個人輸入の仲介的な役割のようです。
何かトラブルがあればvillage.incが間に入ってくれるので安心して購入できますね♪

注文から到着まで約1週間と割と早く着きますし、安心して購入もできますので、CANVASCAMP SIBLEY 気になっている方は思い切って買っちゃってみてはいかがですか?笑

初張りの様子はこちら
canvascamp SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH) 初張り
ふもとっぱらで富士山どーーーーん!
ふもとっぱらキャンプ場 夜と朝 2016,12,17〜18

            

canvascamp SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH) 初張り

ベルテントの元祖
ベルギーのテントメーカーキャンバスキャンプのシブレー初張りです(^^♪

SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
スペック
床直径5メートル
高さ3メートル
重さ約38kg(ポール含む)
収納時のサイズ約115cm×直径40cm
幕体は厚みのあるコットン(360 g / m²)


image
お隣はYouちゃんのしろくまコットンテントのスー


ふもとっぱらキャンプ場で撮った写真
image
image
image
image
image
image

動画も撮ってみました





実際に使ってみての感想は『最高!』の一言です(^^♪

広い
サイドウォールが立ち上がっている分有効面積が大きい
Youちゃんのスーも床の直径は同じ5メートルですが、シブレー500の方が広く感じます

色が良い
サンドベージュのカラーは
外から見た色目もさることながら、テント内での雰囲気も最高に良いです。照明の反射も良く、明るく感じます。

結露知らず
幕体がコットン生地なので適度に呼吸をしてくれるため結露が全くありません

設営・撤収が簡単
ペグの数こそ多いのですが、ワンポールの為設営がすごく楽です
初張りでしたが、20分とかからず設営できました。
風があっても設営・撤収が容易です。

唯一の難点は重くて収納サイズがデカいこと(;_;)
車載でも家での保管でもスペースをとります。

まぁ、その難点を補って余りある魅力満点のテントです♪


SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
スペック
床直径5メートル
高さ3メートル
重さ約38kg(ポール含む)
収納時のサイズ約115cm×直径40cm
幕体は厚みのあるコットン(360 g / m²)


ベル型テントのシブレーには幕体やグラウンドシートの厚み、グラウンドシートの取り外しの有無などにより、4種類のグレードがあります。
また、サイズも300、400、450、500、600があります(シリーズにより設定されているサイズが異なる)

・スタンダード
グラウンドシートとテントが分離しているため、テント壁面と完全に一体化させることはできない。
グラウンドシート、オックスフォードポリエステル生地(180 g/m²)
幕体はコットン生地(320gr/m²)
立ち上がり部分を巻き上げて使用が可能

・デラックス
グラウンドシー、ポリ塩化ビニル製:540 gr²/m²
幕体はコットン生地(320gr/m²)
グラウンドシートが縫い付けられてる為、テントの壁面を巻き上げることはできない。

・アルティメイト
グラウンドシートはファスナーで取り外しする事ができ、テント壁面を巻き上げる事も可能
グラウンドシート、ポリ塩化ビニル製(540 g/m²)
幕体はコットン生地(320gr/m²)

・アルティメイトプロ(PROTECH)
他のモデルより高密度のコットンキャンバスとグラウンドシートを使用
PROTECHシリーズはファスナーで着脱可能なエントランスメッシュドアと、サイドウォールの内側に切り替え可能なメッシュウォールが付属
グラウンドシート、ポリ塩化ビニル製(540 g/m²)
幕体はコットン生地(360gr/m²)

・ダイヤモンドファイア
シリーズ中唯一100%ヨーロッパ製
厳格な欧州規則および米国規則に準拠する難燃性・耐火性を備えており、耐久性は随一
グラウンドシートはテントに縫い付けられている為、壁面の巻き上げは不可
幕体はコットン生地(コーティング処理前は360g/m²、処理後は440g/m²)
グラウンドシート、ポリ塩化ビニル製(650g/m²)


ご予算や用途に合わせてサイズとシリーズを選ぶと良いと思いますが、kotaroのオススメはアルティメイトプロ(PROTECH)です。
やはり、サイドウォールと出入り口ドアがメッシュに出来るのは日本の気候には最適だと思います。



追記 寒さ対策でトヨトミKS-67Hを持って行きました
image
外気温マイナス3℃の中、テントの中の一番低い所で10℃くらい、床から1.5メートルくらいのところで20℃くらいでした。一酸化炭素チェッカーを入れてましたが、一酸化炭素濃度はずーっと0のままだったので問題なさそうです。 薪ストーブの方が暖をとるにはいいので導入を検討してますが、薪ストーブは薪をくべつづけないといけないので、寝るときは石油ストーブの方が便利かなぁって悩み中 クルマの積載の問題で薪ストと石油ストーブの両方はムリ

CanvasCamp SIBLEY 600 ULTIMATE PRO DD

今週末も突撃しようと思ってますが、私の住む浜松では「遠州の空っ風」といって冬場は風が強いんです(>_<)
気温自体はさほど寒くはないのですが、風が強いとテントの設営や撤収が辛いんですよね(^_^;)
なにせ、一人でヴェレーロ5ですから(笑

そんな環境に住んでいながら、さらに大きいテントに物欲が沸いてきてしまってます・・・
CanvasCamp SIBLEY 600 ULTIMATE PRO DD
600_protech_20
600_protech_4
600_protech_2
600_protech_22
コットン生地を使用した直径6m高さ3,5mの巨大なベルテントです。
サイドの立ち上がり部分を巻き上げて完全に分離することもできるし、メッシュにすることもできる
そして、出入り口が両サイドにあるのも魅力です。

しかし・・・

コットンでこのサイズってことは、当然重量も相当なもの。
その重量たるや、ポールと合わせて65kg(^_^;)
kotaroの体重とほぼ同じ(笑

設営よりも、車への積み下ろしですらできるかどうか・・・

一つ小さいサイズのSIBLEY 500 ULTIMATE PRO は床の直径5mで重量38kg
これなら一人でも何とかなりそうな気がしますが、出入り口は1つだけなのが残念なところです。
しかし、サイズ的にはSIBLEY 500 ULTIMATE PRO で十分ではあるんですよねェ・・・

でも、このサイズだったらノルディスクのアスガルド19,6と同じサイズ。
アスガルドはテクニカルコットン製で重量20kgとはるかに軽い
ただ、残念なことにメッシュ部分は立ち上がりについている3箇所の窓だけ・・・

実に悩むところです。

といっても、まだ買うとは決めてる訳じゃなくて、欲しいなぁ・・・って思って夢見てるだけなんですけどね
そんなに簡単に買えるほど経済的に余裕があるわけじゃありませんから(^_^;)






ここから先はCAMPとは全く関係ありませんが・・・
image
image
スッポン君です
もちろん生きてます
職場で仕入れた食材です(笑
スッポンてなかなか可愛い顔してるんですよ(*^_^*)

プロフィール

kotaro

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
出撃カレンダー
ギャラリー
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
google広告
  • ライブドアブログ