canvascamp

シブレーレイアウト変更 ラグとコット

キャンプ大好きオジさんkotaroですが・・・

最近仕事が忙しくてキャンプに行けないどころか、妄想すらする余裕もない(;_;)

ブログも久しぶりの更新です(^^;


2月19~20日 渚園キャンプ場
シブレーの内装をリニューアルしました

image
image
ラグ と言うかカーペットの素材はコットン
2×2mを4枚でちょうど良いサイズです カラーは2色違うものにしてみました(^^♪
色や向きの並べ方を変えて遊べそう♪

Teton Sports 折りたたみ式ベッド ユニバーサル コット
210x80cm・高さ約50cm
ゆったりサイズと600Dのしっかりした生地で寝心地が良いコットです
高さ50センチのおかげで、コット下に収納スペースができるのでテント内もすっきりします

image
image

アラフィフのオジさんのボッチ・・・ いやソロキャンプ(笑
生活臭を感じさせない程度におウチ感を出してみました

CanvasCampシブレーにG-Stove Heat View インストール の巻

キャンプ大好きおじさんkotaroが、テントに薪ストーブを入れたお話


kotaroのテントはコットン100%の床直径5mのベルテント
CanvasCamp SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
image

そのテントにG-Stove Heat View をインストール

kotaroaがまず悩んだのが、煙突をまっすぐ上に伸ばして出すか、横引にして出すか・・・
薪ストーブを購入するときは上に出すつもりでこんなものも用意してました
image

しかし、薪ストーブの到着を待っているときに行ったふもとっぱらキャンプ場で、強風が吹いたときに、シブレーの屋根部分がかなり煽られることが判明。
煙突を上に出した場合、幕が煽られるとストーブ本体が転倒や煙突が抜けてしまう危険がありそう・・・
そこでkotaroは上に出すことをやめて、横から出すことに決定

完成図
image

ジッパーになってる側壁の窓を開けて、メッシュ部分を切って穴をあけました
image
image
幕に触れる部分は煙突ガード+断熱材を巻きつけて対策してます
image
煙突は工事用?のステーで支えて上に立ち上げ、スノピのパイルドライバーと煙突を針金で固定して、さらに上部からロープも張り転倒防止をしてます
image

ちなみに、煙突の本数は横に3本上に8本のセッティングです。
このセッティングだとドラフト効果バッチリで炉内の薪はガンガン燃えます。
ちょっと燃え過ぎるくらい燃えます(^_^;)

しかし、本体自体の大きさ(小ささ)とテント内の煙突露出部分の少なさのため、5メートルのベルテントを暖めきるにはパワー不足・・・
寒がりなkotaroおじさんは、石油ストーブも併用してます(笑

今後は、横引でももう少しテント内を温かくするセッティングと、燃焼を抑える工夫が課題となりました。

kotaroおじさんの薪ストーブ道は始まったばかり
薪ストーブ動は長く険しい… まだまだお話は続くことでしょう・・・

キャンバスキャンプ シブレー設営の動画

いつもの渚園でCanvasCamp Svley500 設営の動画を撮ってみました(*^^)v

まずはGoProのタイムラプス
 


これはipadでフル動画 長いです(^_^;)

 
テント内のレイアウト




SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
デカくて重いテントテントですが、設営自体は簡単です♪

今回、設営に要した時間は20分
ポールを立ち上げるときに、上下間違えてしまって、やり直しをしたのでタイムロスしてしまいました(^_^;)

荷物の積載 キャンバスキャンプシブレー

CX-3にキャンバスキャンプ シブレー500を積載です

シブレー500、素晴らしいベルテントなのですが、デカくて重い(>_<)
カタログ上は115cm×40cmなのですが、実際たたんでしまうともっと大きくなるんですよね(^^;)
先日ふもとっぱらキャンプ場に行った際も、行きは割と余裕に積載できたのですが、帰りはテントが膨張してしまって、なんとかギリギリ積載できたのですが、できたってかんじでした。

で、いろいろ試してみた結果これが最善なのかなと…
image

リヤシートを倒した状態でシブレーをトランクに積み込んでみました。その上に敷物を入れたソフトコンテナを乗せたらジャストサイズ!

石油ストーブは倒したリヤシートの上にのりました
image


リアシート部分にはまだまだ余裕があるので、クーラーboxとOKAMOCHIが余裕で載ります。
あとは、スノピシェルフコンテナと細々したものなので、スーリーのルーフboxに収めればOK(^^)v

山盛りのキャンプ道具を積載する目処がたちました(^-^)

CANVASCAMP SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)注文から到着までの記録

CANVASCAMP SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH)
注文から到着までの記録
image


購入先 ジャパンキャンバスキャンプ
    https://japan.canvascamp.com/
※villge.incという会社が日本の代理店をしてるうです。
このサイトと同じ会社です http://villageplus.jp/
また、物販だけでなくイベント企画やグランピングキャンプ場も運営してるみたいですね
http://villageinc.jp/aqua

12月11日(日)  
上記webサイトより注文

12月13日(火)  
商品発送の旨メールあり トラッキングナンバーも通知がきました

12月14日(水)  
ベルギーを出発

12月16日(木)
日本に到着→通関 
village.incよりインナーテントが航空便の都合で配達が遅れる旨連絡あり
シブレー本体は予定通り16日配達とのこと
                    
16日は仕事で家を不在にしているため、営業所受け取りができないかUPSに電話をして確認しましたところ、配達委託業者がヤマト運輸になる為、ヤマト運輸と相談してほしいとのことでヤマト運輸のトラッキングナンバーをメールでもらう。

12月16日(金)
UPSから配達委託業者(ヤマト運輸)へ引き渡し
ヤマトへ連絡し、営業所受け取りに変更

営業所でシブレー受け取り 関税などで5,500円支払い
※webサイトでは約8%がかかると書いてありましたが、その約半額の5,500円でした

12月19日
villege.incよりインナーテントが明日までには配達になるとの連絡あり。その際にインナーテント分の関税もあるとのこと。
帰宅すると不在通知が入っていた。再配達を依頼しインナーテントを受け取る。関税の請求はなかった。


village.incはテントなど大きなものについては、個人輸入の仲介的な役割のようです。
何かトラブルがあればvillage.incが間に入ってくれるので安心して購入できますね♪

注文から到着まで約1週間と割と早く着きますし、安心して購入もできますので、CANVASCAMP SIBLEY 気になっている方は思い切って買っちゃってみてはいかがですか?笑

初張りの様子はこちら
canvascamp SIBLEY 500 ULTIMATE PRO (PROTECH) 初張り
ふもとっぱらで富士山どーーーーん!
ふもとっぱらキャンプ場 夜と朝 2016,12,17〜18

            
プロフィール

kotaro

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
出撃カレンダー
ギャラリー
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
  • 第4回職場グルキャンとソロストーブ レンジャー❗
楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
google広告
  • ライブドアブログ