ほったらかしキャンプ場の朝
IMG_0815
IMG_0822
IMG_0818
富士山もバッチリ❗
空気が澄んで超気持ちいい

しかし、普段早起きのkotaroオジさんですが、この日は珍しく朝寝坊。目が覚めたら7時半、すっかり太陽が出てました(^^;)
お隣のテントはさらに朝寝坊でしたけどね(笑

さて、ボケボケとした朝を過ごして少しずつ片付け。
レイトチェックアウトにしたのでアウト時間は12時。

kotaroオジさんは、コンパクトSUVのCX-3でもフル装備なので荷物の積載にはコツが必要。道具も大きな物ばかりだと乗せきれないのでコンパクトになる物を選定して購入してるつもりなのですが、どうしても小さくならない物もあります。

kotaroオジさんの道具達の中でデカいのも。
・薪ストーブ
・クーラーボックス
・コンテナ
このデカ物達でCX-3にバッチリはまる物と積載方法ですが、まず薪ストーブはG-StoveXLがこんな具合にシンデレラフィット
IMG_0824
G-Stove用キャリーバッグってCX-3に合わせて作ったんじゃないかってくらいバッチリです。

次はスノーピークシェルフコンテナ×2
IMG_0825
これもちょうど良くフィットします。

G-StoveXLとシェルフコンテナの間に隙間が開きますが、そこにはちょうどユニフレームのツーバーナーが収まるんです。
そして、G-StoveXLの上にユニフレームのフィールドラック5枚重ねを置いてさらにシマノのクーラーボックス。
間に隙間に細かい物達を詰めたらこんな感じ。
IMG_0691

これだけ積んでも後部座席部分には何も乗ってません。
後部座席部分には中サイズくらいの荷物を乗せて、屋根のルーフボックスには長尺ものを積み込み。

大きくない車でも道具を選定して、積み込みの工夫次第でフル装備のキャンプが楽しめますよ♪