canvascampのタープclassicshelter
タイプはスクエアとレクタン、サイズもいろいろ
kotaroオジさんがチョイスしたのはスクエアの5×5m
 
生地が同色同素材なのでコーディネートは当然バッチリ(^_^)v
いろんな角度からパシャ📷


時々オジさんが写り込んでますが(笑
ご覧の通り、タープ下は超広々です
5〜6人のキャンプでも楽々快適に過ごせる空間が出来あがります。
キッチン部分に180のポールを立てて上げれば全くかがむ必要なく調理も可能

ちなみに使用しているポールは、前に使っているのがテンマクデザインの280センチ
サイドは同じくテンマクデザインの180センチ

レイアウトを変えて設営
こちらはシブレー500をタープを挟んでドッキング
メインポールはサイドに使用してみました

この使用でも広々使えて、スクエアタープの有効面積の広さをつくづく実感しました。

こちらは、動画
 
こちらの方がイメージがつきやすいかな

シブレー500に合わせる場合入り口に接続する部分は4メートルか5メートルがちょうどいいです
で、kotaroオジさん的には大勢のグルキャン中心なら5×5のスクエアか、4×6のレクタン
ちょっとした前室を作りたいなら2×4のレクタンがお勧め♪




おまけ
ふもとっぱらキャンプ場の朝
小鳥のさえずりが癒やされるヒーリング動画(笑